海外生活

バンクーバーの物価が知りたい方へ〜食費編(自炊できる方向け)

バンクーバーでの物価が知りたい。家賃は日本より高いって聞くけど食費とかはどうなんだろう??

リアルなスーパーの値段が知りたいな。。

今日はこういった疑問に答えます。

もくじ

①食品の価格

②広告を活用して食費を節約

バンクーバーの食費について

実際、住むにあたって気になるのが食費だと思います。

バンクーバーは不動産が高いことで知られているので、物価も高いのではと思うかもしれませんが、食費に関しては日本とあまり変わりません。

果物なんかは日本より安いと思います。

ただ、当たり前ですが日本のものをこちらで買うと割高になります。

ちなみにウォルマートスーパーストアは大手で品数が多く安いですし、日本の食材が欲しいときはT&Tがおすすめです。

今回はバンクーバーの食品の価格をざっくりまとめてみたので参考になれば嬉しいです。

◾︎食品の価格

主要な食品の値段を以下にまとめてみました。

カナダでは一般的に野菜や果物、肉などの重さの単位にlb(パウンド)を使います。

日本では見慣れない単位で分かりにくいかもしれませんが、

1lb450gなので1kgあたりの金額を知りたい場合は2倍よりちょっと多めだと思えば大丈夫です。

※1ドル80円で換算しています。

・卵、乳製品

牛乳 2ℓ 3.5ドル(280円)4ℓ 4.7ドル(376円)

卵 12個入り 3.2ドル(256円)

ヨーグルト 750g 3ドル(240円)

スライスチーズ 22枚入り 3ドル(240円)

・肉

豚肩ロース porksholder  100g 1ドル(80円)

豚バラ porkbelly  100g 1.5ドル(120円)

豚ウデ pork picnic 100g 0.8ドル(64円)

牛肉

ステーキ肉 100g 2.5ドル(200円)

ミンチ肉  100g 0.8ドル(64円)

※薄切り肉の場合は割高

豚 100g 2ドル(160円)

牛 100g 4ドル(320円)

鶏肉

もも肉 chicken thighs 100g 0.7ドル(56円)

※もも肉は骨付きしか売ってないので自分で骨を取ります

むね肉 chicken breasts 100g 1.5ドル(120円)

ドラム 100g 0.7ドル(56円)

・魚

エビ 100g 2ドル(160円)

冷凍魚(タラやサーモンなど)

100g 1~2ドル(80~160円)

・果物 季節により多少変動します。

バナナ 1lb 66¢(52.8円)

りんご 1lb 1.4ドル(112円)

オレンジ 1lb 1.4ドル(112円)

ぶどう 1lb 3ドル(240円)

・日本の調味料

カレールー1箱 4ドル(320円)

キューピーマヨ1kg 12ドル(960円)

醤油 1ℓ 6ドル(480円)

・お米

カルローズ米 6.8kg 15ドル(1200円)

※カルローズ米は短い日本米と長いタイ米の中間の中粒種らしく、日本のお米と味に大差がないので違和感なく美味しく食べられます。

◾︎広告を活用して食費を節約

おすすめなのがこちらのflippというサイトです。アプリもありますよ。

https://flipp.com/flyers

このサイトにスーパーや薬局などお店の名前を打ち込めば、そのお店の広告が見れるので見比べたい時に便利です。

肉や果物は特に広告で安い商品を買うと節約になります。

今週は5kgのseedless(種無し)スイカ一玉が3.98ドルで広告になっていたので夏だしなーということで買ってみました。

ご近所さんにもおすそ分けしました😄

日本だとスイカ一玉1500円くらいしますよね。

種無しですがちょっと白いタネは入っていますが、わざわざタネを出さなくてよくて食べやすかったです。

ちなみにカナダのスイカはseedlessが主流みたいです。

◾︎1ヶ月の食費はどのくらい?

肉や魚は大きいクラブサイズを買うほど安くなりますし、まとめて買って冷凍することでうまくやりくりができます。

生活している感覚だと、自炊すれば単身で月2~3万円、4人家族で5~7万くらいかなと思います。

日本食の調味料や食材をどれだけ買うか、現地の食材でやりくりするかでも左右されるので、もっと安く抑えることもできれば高くつくこともあると思います。

◾︎まとめ

 

・食費に関する物価は日本とそんなに変わらない。しかし外食をするととんでもなく高くつく。(体感 日本の約二倍)

(僕は夏はよく飲みに行くのでそこは結構かかってます)

・スーパーの食料品にはもちろんチップもいりませんし税金も日本より安いですが、レストランではチップが20%近く上乗せされることも考えておきましょう。

こんな記事を書いといてなんですが僕は節約するより美味しいものを我慢せず食べるタイプです。そのぶん稼げば問題なしです。

しかし節約できること自体はいいことですし今後スーパーへ行かれた時の値段の相場の目安になればということでいろんなスーパーへ行きリサーチしました 笑

 

今回はバンクーバーの食費についてお話ししました。

これからも何気に役に立つ情報を記事にしていきたいと思います。

-海外生活

© 2021 takeblog Powered by AFFINGER5